【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

企業内研修トップ > 企業内研修プログラム > “笑顔”のつくり方

“笑顔”のつくり方〜

  • 笑顔やスマイルをモノにしたい
    新入社員・一般社員・営業社員・幹部の方
  • 笑顔に関する正しい知識と技術を身につけ、全社に広げて継続させる
    ことで、笑顔が溢れるお店や会社ができあがります。
  • 門川 義彦(かどかわ よしひこ)
    世界でただ一人の笑顔コンサルタント 笑顔アメニティ研究所 代表

お問合せはこちら    お客様の声

指導講師プロフィール研修のねらいカリキュラム導入の流れ教育担当者お役立ちツール

お問い合せ


指導講師プロフィール

門川 義彦写真

門川 義彦(かどかわ よしひこ)

世界でただ一人の笑顔コンサルタント・笑顔アメニティ研究所代表

「笑顔があるのか、ないのか。その違いは、店や会社の雰囲気だけでなく、売上や来店客数も大きく左右する。店舗の売上を伸ばすためには、難しい経営理論なんて一切必要ない。特別な能力もいらない。ただ、笑顔になればいい。」と笑顔の必要性、重要性を説く。大手アパレルメーカー鈴屋の地区エデュケイター、玉川高島屋店長、販売ディレクター、ビジネススクール事務局長を経て、1989年に笑顔コンサルタントとして独立現在は、笑顔アメニティ研究所の代表として、全国の大中小企業、役所、公的機関、町の商店街など、600社、50,000人に「魅力ある笑顔」を伝授し続けている。

著書に、「売上がぐんぐん伸びる、笑顔の法則」の他、「笑顔のチカラ」「新・笑顔の出会い」など。経済雑誌等に執筆多数。

↑ページTOPへ戻る

研修プログラムの「ねらい」

3つのねらい

今、多くの企業やお店が笑顔に注目し、 笑顔やスマイルをスローガンで唱えています。 笑顔が売上や利益、来店客数増に直結すると、 うすうす感じているからです。 しかし、お店や 社内に笑顔やスマイルが極めて少ないのが 現状です。 笑顔やスマイルは、お辞儀の角度を教える ように、マニュアルで訓練しても身に付きません。 笑顔が溢れるお店や会社にするには、正しい 知識と技術、そして、笑顔を全社に広げ、継続させるシステムが必要なのです。

↑ページTOPへ戻る

お問い合せ

研修カリキュラム詳細

人数 20〜50名程度
期間 半日
会場 御社会議室、または最寄りの貸し会議室等
(ご希望の場合、会場手配をお手伝いさせていただきます。)
指導講師 門川 義彦(かどかわ よしひこ)
世界でただ一人の笑顔コンサルタント 笑顔アメニティ研究所 代表
主な研修内容

600社、5万人が実証 門川式「笑顔訓練」で…

右矢印半年で売上が2.5倍 右矢印お客様からクレームが三分の一
右矢印購入単価が一二〇〇円から一五〇〇円にアップ
右矢印レジ誤差が月三万円から一〇〇円に 右矢印万引きが激減 右矢印入店客数が2倍
右矢印遅刻・欠勤・退職者の低下を実現

破線

《笑顔のチカラ》とは=現場で600社5万人が実践、成果を上げ続ける

右矢印笑顔∴黷ツで売上は2割・3割変わる
右矢印お客様との距離を縮める笑顔≠フ効果 右矢印儲けが先か、笑顔が先か
右矢印笑顔なき企業は滅びる 右矢印マニュアルではモノは売れない

破線

笑顔は「心を伝える技術」=自分の表情に無防備すぎませんか?

右矢印お客様は、言葉より表情を信じる 右矢印本物の笑顔とは
右矢印「笑顔」と「笑い」は全く別モノ 右矢印自己満足ではダメ、伝わらなくては意味がない
右矢印形≠ゥら入っても心≠ヘ必ずついてくる

破線

社長・店長が率先する「全社笑顔運動」のやり方

右矢印小手先で笑顔は作れない 右矢印笑顔研修と店舗の巡回チェック
右矢印常にお客様の目≠意識する習慣 右矢印笑顔がお客様との良い関係を作る

破線

まず「整理整頓」=笑顔が自然に出る店舗環境のつくり方

右矢印笑顔の量と店舗の作業量は反比例 右矢印楽しい職場づくり2つの条件
右矢印整理の4つのポイント 右矢印店舗でやる改善、本部でやる改善

破線

経営者、チェーン本部が必ずやること

右矢印お客様を大切にするという企業理念づくり
右矢印笑顔が企業体質になるまでやり続ける風土
右矢印「顧客満足」の前に「従業員満足」の実現 右矢印本部は店舗のサポート役に徹する

破線

店長、マネージャーが店舗で必ずやること

右矢印コストをかけない「環境ベーシック作戦」の実施
右矢印店員・スタッフとのコミュニケーションづくり 右矢印10項目の「笑顔接客診断表」の使い方
右矢印「何を・どのように・いつ・誰が」の行動目標と達成

破線

誰でも自然に笑顔≠ェ作れる 門川流「笑顔づくり」トレーニング

右矢印口・目・頬・首・姿勢…表情筋のウォーミングアップ
右矢印「割り箸ストレッチ」で理想的な口元をつくる
右矢印「目元と眉」のトレーニングで感情を正直に伝える 右矢印全身を使って笑顔を表現
右矢印ハッキリと声を出す
右矢印「顔ジャンケン」「キャッチボール」全員で笑顔をつくる2つのゲーム
右矢印丸顔・たまご型・四角・面長…顔型別ワンポイントアドバイス

photo

笑顔の推進・気配り役「笑顔プロデューサー」の育成

右矢印お店の元気を作るのが仕事 右矢印元気プロデューサーと店長を中心に店づくり
右矢印自分達で現場を見て再評価し続ける 右矢印笑顔が出ないスタッフへの処方箋

破線

笑顔のいい人≠ェきちんと評価されるシステムづくり

右矢印笑顔は精神論ではない、立派な経営戦略だ 右矢印小さな「よかった」探し
右矢印お客様を巻き込んだ「笑顔コンテスト」のやり方 右矢印名札の写真を笑顔にする大切さ

          

↑ページTOPへ戻る

研修導入までの流れ

研修導入までの流れ

↑ページTOPへ戻る

教育担当者お役立ちツール

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている    ウィンドウアイコン   AdobeR ReaderTMプラグインが必要です。

↑ページTOPへ戻る


企業内研修「“笑顔”のつくり方」についてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。
 第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 教育部 作間・畠山
TEL 03-3293-0041

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ コンサルティング局