企業内研修トップ > 企業内研修プログラム > SRI脳個性検査サービス

【社員の脳個性を診断!】社員の得意を伸ばし・不得意を改善する画期的検査 SRI脳個性検査サービス

  • 対象

    ・新入社員・若手社員
    ・中堅や管理職にあたる人
    ・経営者自身など

  • 効果

    ・社員の脳個性に合わせ、適切な研修が選べる
    ・一人ひとり特性が分かるのでチームビルディング等に使える。
    ・話の分からない社員にどういう言い方をすればいいかが分かる。

  • 講師

    株式会社脳の学校代表(医師/医学博士)加藤俊徳ほか、脳の学校講師

人の脳は脳番地ごとに成長します。どの脳番地がよく育っているのかによって、その人の秀でた能力が決まります。また、苦手な脳番地が、その人の苦手な分野ということになります。脳番地とは、脳の役割分担を示す部位の1つ1つを表す、脳の学校代表のDr.KATOが名づけた言葉です。“皮質(ひしつ)”と呼ばれる神経細胞が集まっている部分と、神経細胞同士を繋ぐネットワークである“白質(はくしつ)”の成長を合わせて考える新しい脳の区分です。

脳番地の成長は一生続きます。得意な脳番地や苦手な脳番地は、日々の生活で変えることができます。今回ご案内の、脳の学校で開発された「SRI脳個性検査サービス」は、たった90分で個々の社員の脳番地を徹底検査。それぞれの社員への指示の仕方だけでなく、採用や人事考課にも利用できる優れた検査手法です。
弊会コンサルティング局でご好評をいただいている「MRI脳個性検査サービス」の簡易版です。
自社のチームビルディングだけでなく、社員、社長ご自身の得手不得手の把握・改善にもご活用ください。
お問い合わせフォームへ お客様の声へ

代表プロフィール研修のねらいカリキュラム導入の流れ教育担当者お役立ちツール

お問い合せ

株式会社 脳の学校 代表プロフィール

加藤 俊徳(かとう としのり)氏

脳の学校代表医師/医学博士

医師、医学博士。脳画像診断、脳機能計測の専門家。脳発達と老化の臨床研究医として、1万人以上の脳画像診断から、脳の成長原理を見出す。

小児領域から老化、アルツハイマー病、一般成人検診と豊富な診療経験を蓄積。NICU(新生児集中治療室)や小児科の診療医として勤務後、平成7〜13年米国ミネソタ大学放射線科MR研究センターにて脳イメージング研究に従事。

帰国後、慶応大学医学部訪問講師、東京大学医学部大学院講師などを経て、現在「脳の学校」を創業、代表取締役。近赤外線を使った脳機能計測(通称fNIRS)や、脳内での酸素使用を定量計測する酸素脳イメージング(COE)の原理発見者。脳研究分野では脳機能計測法のパイオニアとして、国内外で活動中。

【近年の主な招待講演・テレビ出演等】
・出演・脳科学監修「老化に挑む-あなたの脳はよみがえる-」(NHKスペシャル、2004)
 講演・MRI鑑定「なぜ脳の形から能力が分るのか-脳番地の成長が見える-」
 (トヨタ技術会/トヨタ自動車株式会社)
・講演「最先端・酸素脳科学が示すアインシュタインと量子力学の世界」(慶應義塾大学)
・講演「老化に挑むあなたの脳はよみがえる」(ロサンゼルスサウスベイ・ビジネスマネージメントセミナー)
・その他、講演、テレビ・雑誌出演、著作など多数。

見出し文 脳の成長を科学する第一人者!

加藤俊徳氏 出版書籍

↑ページTOPへ戻る

研修プログラムの「ねらい」

「脳個性検査サービス」を活用することで、“今まで自分でも認識できていなかった自分”が見つかります。社員それぞれの得意不得意を把握しておくことで、採用・人事で課題となっている、採用後の脳力ギャップやチームビルディング時の人的摩擦による問題を解消することができます。
また、社員の脳の個性に合わせた研修カリキュラムがオーダーメイドできるため、得意を伸ばし、苦手を改善する社員研修を、効率的に行うことができます。

↑ページTOPへ戻る

お問い合せ

研修カリキュラム

人数 1名〜 ※複数名検査等、団体向けにも適しています。
期間 検査所要時間:約90分  検査結果通知:2週間程度
会場 ■団体で参加する場合

 御社会議室を使用します。
 参加者が多い場合は、最寄の貸し会議室等でも、研修可能です。
 (会場費は御社でご負担願います)

■若干名で参加する場合

 株式会社脳の学校(東京、白金台)が会場になります。
指導講師 株式会社脳の学校代表(医師/医学博士)加藤俊徳ほか、脳の学校講師
主なサービス内容

見出し 社員が分かる、脳個性検査項目

見出し 社員が分かる、脳個性検査項目

1. 脳番地カルテ ・・・各脳番地の成長スコアを算出
2. 脳番地バランス・・・脳番地の成長バランスをグラフ化
3. 脳番地個性  ・・・最も得意な脳番地、もっと伸ばしたい脳番地の解説
4. 脳番地分析  ・・・思考、情報処理、行動の右脳優位・左脳優位等のタイプ診断
5. 脳番地8系統分析・・脳番地トレーニングのための8系統分析
6. 脳番地成長率・老化率
7. 成長率が高い脳番地
8. 老化率が高い脳番地

見出し 分かれる8つの脳番地タイプ

検査により、社員の得意不得意が8つのタイプに分かれます。
それぞれの社員がどの脳力に長けているのかを見極めることが可能です。

【脳番地の種類】
思考系脳番地・・・思考や判断
感情系脳番地・・・感性や社会性
伝達系脳番地・・・話したり伝えること
運動系脳番地・・・体を動かすこと
聴覚系脳番地・・・耳で聞くこと
視覚系脳番地・・・目で見ること
理解系脳番地・・・物事や言葉を理解すること
記憶系脳番地・・・覚えたり思い出すこと

見出し 研修例

結果は、冊子でお返しします。具体的な得手不得手に対して、どういう対策を打つべきかをアドバイスし、今後の研修のご提案をいたします。
社員のチームビルディングにご活用ください。

↑ページTOPへ戻る

受講者の体験談

ぼんやりと「そうかな」と考えているところがクリアになったり、意外なところで自分の長所や短所が発見されたので、とても楽しい時間でした。いただいたアドバイスをもとに、楽しくトレーニングを進めたいと思います。
(40代女性)

子どもたちが先に受けました。子どもにある個性は自分にも同じものがあるかも知れないので「今度は私の番!」ということで申し込みました。スケジュール調整が難しかったのですがいろいろ調整してくださり子どもの個性・自分の個性どのようにかかわり合えばよいのかわかりました。
(40代女性)

↑ページTOPへ戻る

研修導入までの流れ

研修導入までの流れ

↑ページTOPへ戻る

教育担当者お役立ちツール

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている    ウィンドウアイコン   AdobeR ReaderTMプラグインが必要です。

↑ページTOPへ戻る

お問い合せ

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ コンサルティング局