【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

企業内研修トップ > 企業内研修プログラム > 信頼される社員を育てるビジネスマナー

ビジネスマナー習得研修

  • 学生気分がなかなか抜けず、なかなか客前に出すことができない
    新入社員の方
  • 新入社員が早く会社に馴染み、信頼される社員を育てることができます。
    お客様、取引先、上司、先輩、同僚、皆に信頼される社員を育成します。
  • プログラムの内容・ご予算により、
    最適の弊会認定の講師をご提案いたします。

お問合せはこちら    お客様の声

<研修の成果>

  • ●新入社員が会社に馴染むのが早くなる。学生気分からの脱皮が上手くできる。
  • ●上司・先輩社員とのコミュニケーションがスムーズになる。
  • ●つまらないミス、小さなトラブルが減る。
  • ●お客様からきちんと教育をしていると誉められる。
  • ●基本がしっかりしているので、OJTトレーニングがしやすくなる。

<実施企業>

サービス業/小売業/製造業/建設業/医療事業/印刷業/医療事業/不動産業/娯楽産業 他...

指導講師プロフィール研修のねらいカリキュラム導入の流れ教育担当者お役立ちツール

お問い合せ


研修プログラムの「ねらい」

3つのねらい

 

ビジネスマナーは、社会人として円滑に仕事を進めていくためには欠かせないスキルです。

 挨拶・身だしなみ・正しい言葉遣い・ビジネス電話応対・接客マナーなどは、社会人として当然身につけておくべき「常識」といえるかもしれません。 そしてこの「常識」こそが、立場も年齢も考え方も利害関係も異なる人々が関わりあって成り立つビジネスの世界での人間関係の潤滑油なのです。

 本研修では、ビジネスマナーを形式的な型として教えるのではなく、社会人としての信頼を得るために必要なルールや電話や接遇などの基本実務、 またどうしたら会社の一員として上司・先輩と上手に仕事を進めていくことができるといったコミュニケーションスキルをしっかりと学んでいただきます。

 入社間もない新入社員のうちにしっかりと学ぶ場を与え、意識付けをすることが、安心して仕事をまかせられるビジネスマンへの最初のステップとなります。  お客様、取引先、上司、先輩、同僚…。みんなに可愛がられ、信頼される社員育成のために、ぜひご活用ください。

↑ページTOPへ戻る

お問い合せ

研修カリキュラム詳細

人数 10名〜30名くらい
期間 一日 9:30〜17:00
会場 御社会議室、または最寄りの貸し会議室等
(ご希望の場合、会場手配をお手伝いさせていただきます。)
指導講師 プログラムの内容・ご予算により、最適の弊会認定の講師をご提案いたします。
主な研修内容

9:30  オリエンテーション

右矢印講師自己紹介 右矢印本日の研修の目的

破線

10:00 受講生自己紹介とビジネスマナーの基本

右矢印社会人としての身だしなみ相互チェック 右矢印きちんと挨拶できていますか?
右矢印声の出し方、表情、挨拶の種類
右矢印目礼、会釈、敬礼、最敬礼 美しいお辞儀の仕方とTPO
右矢印正しい名刺交換の手順とルール

破線

12:00 昼食休憩

破線

13:00 差がつく言葉遣い・敬語の使い方

右矢印学生、若者言葉は自分の評価を下げる
右矢印ビジネス会話は敬語なしでは成り立たない!
右矢印よく使う敬語、ビジネス用語をマスターせよ 右矢印会話を円滑にする「魔法の言葉」

破線

14:00 信頼される電話応対のコツ

右矢印ビジネス電話の基本「正確・迅速・親切・丁寧」
右矢印まずは電話に出ることが仕事!電話の受け方基本実習
右矢印小さなミスが命取りになる。メモの取り方、伝言の伝え方
右矢印すぐに使える「ケース別電話応対実例集」

破線

15:20 仕事を早く覚え、ミスをなくす指示の受け方、報告の仕方

右矢印まずは言われたことを「きっちりと」 右矢印返事、メモ、確認の徹底が信頼を生む
右矢印終了報告までがひとつの仕事だと心得よ

破線

16:00 感じの良い接客接遇マナーとルール

右矢印社外の人はすべてお客様と思って応対せよ 右矢印お出迎え、ご案内、お見送りの注意
右矢印応接室、エレベーター、車、列車、飛行機… 正しい位置

          

↑ページTOPへ戻る

研修導入までの流れ

研修導入までの流れ

↑ページTOPへ戻る

教育担当者お役立ちツール

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている    ウィンドウアイコン   AdobeR ReaderTMプラグインが必要です。

↑ページTOPへ戻る


企業内研修「信頼される社員を育てるビジネスマナー」のお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。
 第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 教育部 作間・畠山
TEL 03-3293-0041

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ コンサルティング局