企業内研修トップ > 企業内研修プログラム > 《実力課長》の実務と心得

《実力課長》の実務と心得

  • 営業、販売、製造、管理… 各部門でエースとして活躍し、
    今後は管理職として さらに実力を発揮されたい課長格の方
  • 管理職の方が、社長の真意・狙いを瞬時にくみ取り
    結果を出せるようになります。
  • 門脇 竜一(かどわき りゅういち)
    年間250日間、全国の「管理職」を指導 クリアマイン代表

お問合せはこちら    お客様の声

指導講師プロフィール研修のねらいカリキュラム導入の流れ教育担当者お役立ちツール

お問い合せ


指導講師プロフィール

門脇 竜一写真

門脇 竜一(かどわき りゅういち)

年間250日間、全国の「管理職」を指導 クリアマイン代表

大手上場企業と中堅オーナー企業での実務経験から、社員数100名位までの中小企業では、 特に現場を取り仕切る「課長職」の実力次第で会社の業績が大きく左右されることを実感。 会社の原動力となる「課長職」教育を体系化し、「情」と「理」をバランス良く兼ね備えた組織への 貢献度の高い管理職育成のエキスパートとして絶大な信頼を得ている。大企業の企業内研修から、 クセのあるオーナー企業の幹部育成まで、実体験に基づいた具体的な指導法で、 社員・社長双方の良き理解者として、またパイプ役として、指導依頼が絶えない。 主な著書に『管理者になった人が最初に読む本』、『デキる社長は持っている社員の声を「聞く力」』(総合法令出版)、 『言いたいことが伝わる話し方のコツ』(総合法令出版)等。

↑ページTOPへ戻る

研修プログラムの「ねらい」

3つのねらい

営業、販売、製造、管理… 各部門でエースとして活躍し、 その功績・実力を評価して「課長職」の辞令を渡す。 そんな社長や上司からの期待とは裏腹に、管理職という立場に立ったとたんに戸惑い、 本来の力を発揮できずに、伸び悩む人が多く見受けられます。これは管理職としての仕事の中身が明確に 分からず、また体系的に教わることもないまま「役職」が与えられたためであり、 さらには、プレイヤー(個人の成績)としての実務とマネジメントのバランスがとれずに自身も、 チームも混迷してしまうといったケースです。中小企業の管理職は、管理者としての マネジメントスキルとプレイヤーとしての活躍。両方が期待され、求められているのです。 今回、この課長の基本実務を確実に実行することに加え、特にオーナー企業の管理職が陥りやすい弱点と 会社で重宝されるためのノウハウなど、「社長の真意・狙いを瞬時にくみ取り、結果を出せる」 よう オーナー企業特有の実践的内容でご指導いたします。課長になりたての方、力があるのに管理職として 思い悩んでいる方、将来の幹部候補として育てたい若手社員など、活躍を期待する方々のご派遣を強く お勧めいたします。

↑ページTOPへ戻る

お問い合せ

研修カリキュラム詳細

人数 20〜50名程度
期間 1日
会場 御社会議室、または最寄りの貸し会議室等
(ご希望の場合、会場手配をお手伝いさせていただきます。)
指導講師 門脇 竜一(かどわき りゅういち)
年間250日間、全国の「管理職」を指導 クリアマイン代表
主な研修内容

【課長に期待される役割を理解し、確実に実行に移す法】

右矢印一般社員から管理職への意識改革 右矢印個人の成績とマネジメントの両立・バランス
右矢印そもそも「マネジメントする」とはなんなのか

破線

【課長に期待される役割を理解し、確実に実行に移す法】

右矢印リーダーシップとフォロワーシップの違いは 右矢印自分が変わるか?部下を変えるか?
右矢印上手に部下を動かす「朝礼暮改」のやり方 右矢印「結果を出すチーム」へと導くポイント

破線

【上司も部下も…最強の人間関係を築くコミュニケーション術】

右矢印管理職としてのコミュニケーションの範囲と責任
右矢印部下・上司の感情に流されないで「話しを客観的に進める」コツ
右矢印「考える+聴く+話す」コミュニケーション技術の高め方

破線

【社長・上司の意をくみ、上手にコトを進める法】

右矢印古参幹部の行動から社長のクセを読み取るポイント
右矢印社長・上司の「言葉」ではなく「頭の中」「想い」を理解し、部下に伝えるコツ
右矢印会社の長期目標を共有・理解して、目標達成のための方策を練る法

破線

【上下左右、社内の人間関係(組織図)を理解した気配り、根回し術】

右矢印各社各様の人間関係〔社長、役員、社長夫人、後継者…〕それぞれの立場を考慮した気配り術・根回し術
右矢印上司を味方にして仕事を上手に進めるコツ
右矢印組織の中で敵を作らないための配慮の仕方

破線

【プレイヤーとマネージャー、2足のワラジで成功する秘訣】

右矢印足りない時間の上手な使い方
右矢印中小企業の課長は「プレイングマネージャー」が必須
右矢印自分の成功はあたり前。チームの成功が評価を上げる

破線

【管理職としての実力を発揮する問題解決の正しい順序と対処法】

右矢印問題意識を高める「3つの疑問」とは 右矢印問題丸投げの部下「マルナゲドン」の対処法
右矢印コスト・納期・人間関係(しがらみ)…「ケース別総合判断の急所」

破線

【自分とチームの評価を上げる!目標達成への道筋の描き方】

右矢印部下への上手な目標の示し方、分担の仕方
右矢印部下のタイプ別進捗管理と目標達成への導き方
右矢印目標≠ノルマ 目標の本来の意味をチームに徹底する方法

破線

【人材育成が会社の未来を決める。「ヒト育て」の秘訣】

右矢印なぜ「ヒト育て」が必要か 右矢印自ら「考えさせる」アドバイスの仕方
右矢印部下の「上手なしかり方」「さとし方」
右矢印人が育つ黄金サイクル「育成‐評価‐処遇」の回しかた

破線

【目標に向け一致団結!結果を出すチーム作り】

右矢印良いチーム5か条とは 右矢印部下一人ひとりに自分の役割を認識させるコツ
右矢印管理職が気配りすべき3つのポイント「元気・継続・結果」

          

↑ページTOPへ戻る

研修導入までの流れ

研修導入までの流れ

↑ページTOPへ戻る

教育担当者お役立ちツール

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている    ウィンドウアイコン   AdobeR ReaderTMプラグインが必要です。

↑ページTOPへ戻る


企業内研修「《実力課長》の実務と心得」についてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。
 第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 教育部 作間・畠山
TEL 03-3293-0041

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ コンサルティング局