【商品発送開始!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

企業内研修トップ > 企業内研修プログラム > 「リーダーに必要な15の行動」取得研修

組織の方向性を示し、イキイキした現場をつくりあげるための実践的会議研修 実際の会議を通して、問題解決の手法を身につける! 「リーターに必要な15の行動」取得研修

記者の部・課長が集結し、組織の今後の方向性や実際の課題をケーススタディとして扱います。

  • 対象

    ・次なるリーダー候補となる若手社員
    ・中堅や管理職にあたる人(部・課長)

  • 効果

    ・部・課長が、現場を掌握し、リーダーシップを発揮できる能力が備わります。
    ・組織の明確なビジョンが作成できます。
    ・役職によるミッション、業務の分担の曖昧さがなくなります。
    ・結果的に、現場がイキイキした状態になり、組織の成果が上がります。

  • 講師

    サイコム・ブレインズ株式会社会長
    ・鳥居 勝幸(とりい かつゆき)氏

変化の激しい時代の中で、リーダーにとって、方向性を示してメンバーをまとめていくのは簡単なことではありません。
自身の行動のひとつひとつをよく考えて実行しないと、組織に方向性も示せなければ、メンバーもついてはきません。
では、リーダーとして、組織の方向付けを行い、現場がイキイキ成果を出すようにするために必要な行動とは何でしょうか。本研修では、元ゼロックス社及び元リクルート社でトップ営業マンを経験の後、300社・5万人を実戦指導してきたサイコム・ブレインズ株式会社 会長の鳥居氏の指導により、リーダーに必要な15の行動を実践的に学習をいただき、現場ですぐに使える確かな実力をつけていただきます。

具体的には、上記の中で、特に貴社のリーダーの方に必要な項目を抜き出して、重点的に指導を行っていきます。
(必要なテーマ数に応じて、研修日数の調整も可能です)

また、本研修では部課長が集まり、実際現場で抱えている課題や問題を用いてリアルケーススタディを行います。そこで得たヒントや方針は現場ですぐに使えるものですので、より実践的な学びにも繋がります。

お問い合わせフォームへ お客様の声へ

指導講師プロフィール研修のねらいカリキュラム導入の流れ教育担当者お役立ちツール

お問い合せ

指導講師プロフィール

鳥居 勝幸(とりい かつゆき)

サイコム・ブレインズ株式会社会長

企業の長期的な成長を担う人財の育成を、研修やコンサルティングによって支援している。主に経営者候補や部課長のリーダーシップ強化と、組織的な営業力強化を専門とする。組織の長に求められるのは「自組織が進むべき方向を示し、部下をその道筋に巻き込んでいく力」である。そこに重点を置いき、受講者に行動変容を促す研修を実施している。

富士ゼロックス(株)とリクルート(株)に勤務したのちブレインズを起業して2010年から現職。日本経営合理化協会講師、一般社団法人企業価値協会理事を兼務。

主な著書物として、「社長が意図した売上計画を完全達成する6つのツボ」(日本経営合理化協会出版局)、「ライバルに勝つ営業テク」(日経産業新聞朝刊45回連載)、「そろそろ、しゃべるのをおやめなさい」(TFP出版)、「営業の仕事が面白いほどわかる本」(中経出版)などがある。

↑ページTOPへ戻る

研修プログラムの「ねらい」

テキスト画像 部課長が集まり、実際現場で抱えている課題や問題を用いてリアルケーススタディを行うため、そこで得たヒントや方針は現場ですぐに使えます。

テキスト画像 管理者自身が現場の状況に即してリーダーとしての行動を明確にし、それを実践することで、成功・失敗から学ぶ、とうサイクルを回すことが可能です。

図 知る・試す・実践・内省・補強・知る…のサイクル

↑ページTOPへ戻る

お問い合せ

研修カリキュラム

人数 数名〜20名 ※部長・課長同時でも受講可能です。
期間 研修2日〜+フォロー1日 ※必要なテーマ数に応じて、研修日数の調整も可能です。
会場 宿泊可能な外部施設が開催会場となります。
ただし、自社施設がある場合は、そちらで問題ありません。
(会場費は御社でご負担いただきます)
指導講師 サイコム・ブレインズ株式会社会長
・鳥居 勝幸(とりい かつゆき)

主なテーマ

取り上げたいテーマをいくつでもお選びいただけます。

見出し 1.組織の方向性を確認する

「方向性=理念+目標+戦略」を完全マスターする法

会社の方向性を理解し、組織に伝えるためのキーワード発掘法

組織の強みを活かし機会を成果に結びつけるやり方

組織の弱み、リスクをチャンスに変えるには

見出し 2.自分の価値観を認識する

やりたいこと、やらなければならないこと、できることからの価値創出法

管理職としての組織への影響力の与え方

仕事での価値観と成果の結びつけ方

見出し 3.共有するべき価値観を示す

思いを組織に伝えるためのコミュニケーションのとり方

部下に仕事を任せて成果を高めるための手順

リーダーとしての意志の体現の仕方

見出し 4.メンバーを知る

メンバーを「知る」ための6つの力の体得

部下からの報告や相談が適切で多くなる上司になるには

部下の問題を発見する観察力の鍛え方

見出し 5.メンバーとのコミュニケーションを密にする

メンバーへの仕事の依頼の仕方

メンバーが更に成果を高めるための褒め方

メンバーの成長を促す叱り方

見出し 6.チームのビジョンを構想する

将来のありたい姿・目指す到達点を明確にする方法

目標達成に向けた戦略の立て方

部下の心に響くビジョンのつくり方

メンバーをビジョン実現に巻き込むリーダーの立場のとり方

見出し 7.チームのビジョンを共有する

ビジョンをメンバーに共有する時の6つのポイント

キーメッセージの伝え方

行動で示すビジョン達成のやり方

ビジョン達成度の確認の仕方

見出し 8.リーダーシップの発揮の仕方を考える

後天的にリーダーがカリスマ性を持つための4つのポイント

部下が活躍できるリーダーシップの発揮の仕方

部下の成熟度に合わせたリーダーの在り方

強力な推進チームの結成の仕方

見出し 9.経験から内省を促し次の行動に導く

リーダーとしての成功体験の他業務への応用

失敗体験を内省し、チャンスに結びつける手法

部下に良質な経験をさせる管理職の在り方

見出し 10.ティーチングとコーチングを使い分ける

状況に合わせたティーチングとコーチングの使い分け

部下の理解度と速度が増すティーチングのやり方

部下を引き出し、やる気を高めるメモのとり方

部下がコミットし、組織が活性化するには

見出し 11.メンバーのモチベーションを上げる

メンバーのモチベーションを最大化する8つのポイント

部下の責任範囲が拡大し、仕事の魅力度も上がるやり方

部下のチャレンジ精神を促す自己達成感の見出し方

見出し 12.新しい仕事をアサインする

著しい成果を上げる業務アサイン5つの視点

適切な人員配置の仕方

業務達成のための人員の見極め方

見出し 13.重要な仕事を任せて育てる

権限を委譲してメンバーの力を強くするエンパワーメントの仕方

部下の成長に欠かせない、任せる仕事の選び方

任せるときのコミュニケーションの効果的手法

任せた仕事を支援する管理職のサポート手法

見出し 14.自律的なチームをつくる

相互成長するチームの作り方

失敗しないチームビルディングのステップの踏み方

自律的なコミュニケーションを通じた問題解決の仕方

見出し 15.ファシリテーションで発言と議論を促す

組織やチームでの「決定の質」を上げるには

メンバー個人の能力を開発し、チーム力を高める法

チームを成功に導くファシリテーション9つのポイント

研修カリキュラム 一例

<1日目>

見出し 6.チームのビジョンを構想する

将来のありたい姿・目指す到達点を明確にする方法

目標達成に向けた戦略の立て方

部下の心に響くビジョンのつくり方

メンバーをビジョン実現に巻き込むリーダーの立場のとり方

受講者に、会社の方向性と自社・部署の置かれている環境・意義を整理していただきます。その上で、目的(意義)と目標(数値)の入った組織の明確な3年先のビジョンを下記ステップで作り上げていただきます。
【構築】・・・自部署・チームのありたい姿、像、状態を構想する。
【表現】・・・練り上げられた自分(自分達)の言葉や数値表現を開発。
作成後、メンバー、講師からフィードバックがございます。

<2日目>

見出し 10.ティーチングとコーチングを使い分ける

状況に合わせたティーチングとコーチングの使い分け

部下の理解度と速度が増すティーチングのやり方

部下を引き出し、やる気を高めるメモのとり方

部下がコミットし、組織が活性化するには

講義→ロープレ→フィードバックという流れで受講を行っていただきます。コーチングは2〜3人でロールプレイングを行い、効果的な体得を実現いただきます。

見出し 12.新しい仕事をアサインする

著しい成果を上げる業務アサイン5つの視点

適切な人員配置の仕方

業務達成のための人員の見極め方

講義とケーススタディと実習で行います。
業務アサイン時に必要な、「能力」、「成長機会」、「稼働性」、「意欲」、「人の組み合わせ」をベースに仕事の割り振り方を習得いただきます。

管理職は仕事を抱えがちですので、緊急度と重要度に応じてタスクを割り出し、誰にアサインするかを決ていただきます(一般的には重要度の高い仕事を管理職が行いますが、それだと部下が育たないので緊急度と重要度の高い仕事を部下にさせるなど、工夫の仕方も学んでいただきます)

また、実際の現場の業務のアサインを行っていただきますので、現場に戻ってすぐにアサイン可能な状態になります。

見出し 13.重要な仕事を任せて育てる

権限を委譲してメンバーの力を強くするエンパワーメントの仕方

部下の成長に欠かせない、任せる仕事の選び方

任せるときのコミュニケーションの効果的手法

任せた仕事を支援する管理職のサポート手法

「エンパワーメント=任せる+支援する」です。アサインとは異なり、中長期的に権限自体を移譲するという意味になります。
仕事を“投げる”ではダメで、心理的支援(周りの部署に話を通しておくとか、メンバーに周知させるなど)、環境的支援をどう行うか、を取り扱います。講義後、実際に自分のタスクをどのように移譲し、部下を支援していくかの計画を立てていただきます。

見出し 15.ファシリテーションで発言と議論を促す

組織やチームでの「決定の質」を上げるには

メンバー個人の能力を開発し、チーム力を高める法

チームを成功に導くファシリテーション9つのポイント

5人1チームで役職的役割を決めたケーススタディとリアルスタディ(部・課長会議)を行っていただきます。

<後日>

見出し フォローアップ研修

後日、実行したことを発表していただきます。
(良かったことを全員で共有、改善すべきことを原因分析により解決)
ファシリテーターをたてて行っていただき、強み、弱みをフィードバックいたします。

受講者の体験談

■受講者の声

  • 映像講義による学習をふまえたうえでの演習が効果的だと思いました。「15の行動」は全ての要素に興味がありますが、個人的には「育成スキル」の部分をより知りたいと思いました。
  • 現状直面している問題解決へのヒントとなり、理論を学ぶ上で非常に参考となりました。実践に繋げたいという気持ちになりました。
  • 新任の管理職はもちろん、既任の管理職にとっても復習となる内容と思いました。
  • 多くの実務を経験された方の話、ケーススタディ(ドラマ)など様々な映像により理解度が高まり、興味深く学べ、時間の長さを忘れました。
  • 「リーダーシップ」という、言葉だけでは曖昧なものを、具体的な行動レベルでイメージすることができました。また学習したことを自分の問題に置き換えて、現場でどのように行動すればよいかを深く考えることができました。
  • 日々忙しいと自分自身について振り返る余裕がないですが、研修によって、なかば強制的に振り返りの機会を得ることができ、自分を冷静に見つめ直すことができました。また、振り返ることによって、学習したことを現場で確実に実践し、習慣化しようという意識が生まれました。

研修導入までの流れ

研修導入までの流れ

↑ページTOPへ戻る

教育担当者お役立ちツール

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている    ウィンドウアイコン   AdobeR ReaderTMプラグインが必要です。

↑ページTOPへ戻る


「リーダーに必要な15の行動」取得研修についてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。
 第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 教育部 作間・畠山
TEL 03-3293-0041

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ コンサルティング局