企業内研修トップ > 企業内研修プログラム > 『信頼営業』のやり方

『信頼営業』のやり方

  • 磐石な営業の基礎力をしっかりと磨き上げたい
    若手営業職(新入社員〜5年目程度レベル)の方
  • 苦手な顧客からでも 「君からしか買わない」と言わせる
    キメ手を徹底指導いたします。
  • 平松 陽一(ひらまつ よういち)
    営業マン同行指導で売上を伸ばす第一人者。IMコンサルタント代表

お問合せはこちら    お客様の声

指導講師プロフィール研修のねらいカリキュラム導入の流れ教育担当者お役立ちツール

お問い合せ


指導講師プロフィール

平松 陽一写真

平松 陽一(ひらまつ よういち)

営業マン同行指導で売上を伸ばす第一人者。IMコンサルタント代表

指導先の営業現場に飛び込み、名刺をつくり、自らも猛烈に売ってみせ、一人ひとりの指導売上増大を請け負う。 この人ほど現場を知り、営業マンに勇気とヤル気を 起こさせるコンサルタントはいない。 氏の指導を受け、蘇った営業マンは5000人を超える。

↑ページTOPへ戻る

研修プログラムの「ねらい」

3つのねらい

『現在のお客様に前年より一円でも多く買っていただく』これこそが、今の営業の鉄則である― この時期、新規顧客を獲得することは至難の技である。 簡単にはいかない。それよりも、もともと取引のある既存顧客に、前年よりも一円でも 、 一品でも多く買っていただく努力をすることのほうが「売れない時代」を勝ち抜く営業の鉄則である。 そのためには現在の既存顧客を徹底的に見直すことが、不可欠である。本セミナーは、
  • ●お客様との「心理距離」のつめ方・「好かれる訪問」の仕方
  • ●キーマンから絶対的信頼を得る方法・電話で信頼を得る技術
  • ●お客様の感情を揺さぶる方法・共感を得られる話題選び
  • ●競合に競り勝つ「紹介客の獲得法」「アフターフォローの仕方」
  • ●クレームを信頼に変える方法・商品知識の上手な使い方 …を徹底指導。
今までの営業マン5000人を実際に同行販売し、自らも現場に飛び込む“売上請負人”の異名を持つ異色のコンサルタント平松陽一氏が苦手な顧客から でも 「君からしか買わない」 と言わせるキメ手を徹底指導いたします。  

↑ページTOPへ戻る

お問い合せ

研修カリキュラム詳細

人数 20〜50名
期間 1日
会場 御社会議室、または最寄りの貸し会議室等
(ご希望の場合、会場手配をお手伝いさせていただきます。)
指導講師 平松 陽一(ひらまつ よういち)
営業マン同行指導で売上を伸ばす第一人者。IMコンサルタント代表
主な研修内容

よい“信頼関係づくり”が第一《商品よりもまず自分自身を売れ 》

右矢印共感性のある話題選び 右矢印商談のテンポを相手の呼吸に合わせる
右矢印大切な事は繰り返す 右矢印「何かお役に立てることがあれば」の精神が好意を生む
右矢印お客様との「接点」を強調しろ
右矢印「そういえば、同業のこんな出来事ご存知ですか」で同調心理
右矢印悩みの共有が信頼を生む

破線

キーマンから絶対的信頼を得る実践策《徹底的に「好かれる訪問」をしろ》

右矢印「なるほど」と積極傾聴の技術 右矢印わからないことは「宿題にさせて下さい」
右矢印自尊欲求のくすぐり方 右矢印「宿題の答え」は三日以内
右矢印ここだけの話ですが…で秘密の共有 右矢印御社だけのために…で借りの意識を与えよ
右矢印次世代のキーマンにも気を配れ

破線

《お客様との心理距離を詰める》感情を揺さぶれば人は動かせる

右矢印お客様の“困った”の引き出し方 右矢印朝、昼、晩、恋人に会うように訪問しろ
右矢印お客様の心の窓の開き方 右矢印共通の話題 右矢印お客様を好きになれ

破線

《「商品知識」の上手な使い方》で絶大な信頼を得る

右矢印カタログ棒読みの商品説明など無意味 右矢印ライバル商品との比較は絶対必要
右矢印相手の興味に絞って説明せよ 右矢印基本機能より付加価値を売り込め

破線

《電話で信頼を得る技術》些細なことでも「ありがとう」の電話を忘れるな

右矢印「じらし効果」の活用法 右矢印「一、二分大丈夫ですか?」と丁寧な言葉で要望性を出す
右矢印相手の心に付加を与えない電話のかけ方 右矢印最後の一言が重要

破線

《クレームを信頼に変える》逃げないで処理すれば信頼が増す

右矢印クレーム処理から信頼を掴む 右矢印第一の誠意は「即行動」
右矢印“目線”を相手に合わせる 右矢印上手なトラブルの状況確認 右矢印怒りの解消法
右矢印貸しの意識はその場で消す

破線

《信頼があればお客様のNOを切り返せる》時には無理をきいてもらう

右矢印得意先の消極的な断りをYESに切り返す 右矢印相手の不安をあおる
右矢印3択質問で尋ねる 右矢印気づきを促す技法 右矢印潔さは好印象を生む
右矢印時にはライバルを誉める

破線

《信頼は、一にも二にもアフターフォロー 》信頼なくして紹介なし

右矢印マメなフォローが借りの意識を生む! 右矢印紹介を頼むときの“切り出し話法”
右矢印誰がアポを取るのが効果的か 右矢印紹介先での8つのタブー
右矢印紹介者への報告義務

photo

《「紹介客」獲得5大ポイント》人脈・お客様情報をフル活用せよ

右矢印大手取引先のグループ会社・下請け・系列の獲得法 右矢印未取引・部門への顔を出せ
右矢印一人の既存客に五人の見込み客 右矢印同業者ルートの探り方 右矢印定期訪問が大切

          

↑ページTOPへ戻る

研修導入までの流れ

研修導入までの流れ

↑ページTOPへ戻る

教育担当者お役立ちツール

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている    ウィンドウアイコン   AdobeR ReaderTMプラグインが必要です。

↑ページTOPへ戻る


企業内研修「『信頼営業』のやり方」についてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。
 第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 教育部 作間・畠山
TEL 03-3293-0041

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ コンサルティング局