企業内研修トップ > 企業内研修プログラム > 売上 前年対比138%アップを実現

売上 前年対比138%アップを実現

  • 一通り営業を経験され、管理職として更に力を高めていきたい
    中間営業職(係長〜部長レベル)の方
  • 受講者全員の能力を底上げし、「使命感」・「やる気」を高めることで、部門全体の意思統一を実現します。
  • 石川 一芳(いしかわ かずよし)
    石川経営研究所所長

お問合せはこちら    お客様の声

営業管理者・営業社員 育成プログラムは営業部門全体の徹底した底上を目的で構築されました。不採算部門が 次々淘汰される中、このプログラムの実践によって蘇生した企業が数多くございます。 現在も我々はこのプログラムを通じ、1部の優秀なメンバーに頼る体質から抜け出せなかった部署の再生を行って おります。又、“キャリア形成促進助成金”を活用し、効率よく、効果的に進めていただける様に指導いたします。

指導講師プロフィール研修のねらいカリキュラム導入の流れ教育担当者お役立ちツール

お問い合せ


指導講師プロフィール

石川 一芳写真

石川 一芳(いしかわ かずよし)

石川経営研究所所長

キャリア形成促進助成金を活用し人材育成する、実務第一のコンサルタント。 ヤマハ発動機本社企画、トップセールスとして活躍後、各営業所長を経て 中小企業事業団に入校し卒業後、日本能率協会・日本マネジメント協会の トップコンサルタントとして活躍。現在、石川コンサルタントを主宰。 その指導は、会社の内部に入り込み、新人から幹部まで熱烈指導。 新人営業マンの名刺交換、挨拶、商談話法の教育はもちろんのこと、 「ここの幹部は指示だけして自分から稼ぐ意欲がない」と感じると幹部のケツを 叩き、一緒にお客様を訪問。自らも猛烈に売ってみせ、「稼ぐ幹部」を育て あげる。短期間に営業部門全体のレベルを底上げする指導方法には定評がある。 著書「必ずノルマが達成できる」他、多数。

↑ページTOPへ戻る

研修プログラムの「ねらい」

3つのねらい

一部の優秀な営業マンだけでは営業成果のアップに限度があります。現状を打破するためには営業メンバー 一人ひとりのレベルアップと「やる気」の結集が重要なのです。一枚岩として結集するにはメンバー一人 ひとりが「効果」を実感し、みずから「やる気」を起こさなければなりません。
御社オリジナルの「管理者マニュアル」「営業スタッフマニュアル」「CS接客マニュアル」「生産管理マニュアル」 …等の作成を通じ、これまで一部の営業マンの「能力」や「経験」に頼っていた部分を全てのメンバーが実践 することができます。さらに研修を通じ明日から業務ですぐ使える「日・週・月の 100項目以上のチェックリスト」 を作成し、これまでのムダ、ミスを大幅に軽減します。

↑ページTOPへ戻る

お問い合せ

研修カリキュラム詳細

人数 5名〜50名
期間 全12回 各回 9:00 〜17:00
(1ヶ月ごとに開催するのが、効果的です)
会場 御社会議室を使用します。
参加者が多い場合は、最寄の貸し会議室等でも、研修可能です。
(会場費は御社でご負担願います)
指導講師 石川 一芳(いしかわ かずよし)石川経営研究所所長
主な研修内容

方針徹底と会議ポイント

右矢印方針管理の定義とは 右矢印現在の姿と将来の姿 右矢印人・物・管理の改善
右矢印部門別の重点管理 右矢印会議のポイント

破線

個人目標達成の計画化と推進

右矢印販売目標作成 商品別 右矢印テーマ別目標作成 右矢印商品別具体策作成
右矢印シーズン別推進策 右矢印月別改善策

破線

マーケティング戦略・戦術・戦闘

右矢印お客様攻略法 右矢印商品戦略 右矢印競合・販促戦略 右矢印活動方針 右矢印戦術作成
右矢印戦闘のポイント

破線

マーケティングカレンダーと担当者動機づけ

右矢印問題把握 右矢印深層原因究明 右矢印改善・解決・推進策 右矢印マーケティングカレンダー作成
右矢印営業担当者動機づけ

破線

帳票整理と管理改善

右矢印日報改善と活用 右矢印月間行動計画と改善 右矢印朝礼・会議の活用 右矢印毎日のまとめ
右矢印毎週のまとめ 右矢印毎月のまとめ

破線

日報管理の強化

右矢印営業活動現状分析  右矢印販売計画の再検討 右矢印行動管理基準作成
右矢印目標対実績定期検討 右矢印目標達成の施策検討

破線

営業担当の多訪問継続

右矢印売上増大法検討 右矢印訪問先リストアップ 右矢印アプローチ力向上(マナー・話法・技法)
右矢印行動力向上 右矢印見込み客とお客様攻略法

破線

営業実力向上と続け方

右矢印マーケティング開発  右矢印営業担当者役割  右矢印販売活動効率向上 右矢印商品知識向上
右矢印マーケティング 右矢印情報活動  右矢印自己管理

photo

成功率のパワーアップ

右矢印訪問先の作成 右矢印スタート前準備 右矢印初訪とABCアポ 右矢印再訪問のし方
右矢印マーケティング情報活用 右矢印自己管理

破線

契約率の向上法

右矢印販売法の変化 右矢印クロージングのタイミング 右矢印契約を取る準備
右矢印契約を取る30テクニック 右矢印契約後のフォロー 右矢印契約ロープレ

破線

マニュアル作成法

右矢印 営業マン活動マニュアル(基本・技術・事例)マナー・話法・行動基準他
右矢印 管理者マニュアル((基本・技術・事例))仕事・人間関係・部下指導他

破線

マニュアル活用法

右矢印仕事の推進 右矢印仕事の改善 右矢印人間関係向上 右矢印人材育成 右矢印人事考課 右矢印自己啓発

          

↑ページTOPへ戻る

研修導入までの流れ

研修導入までの流れ

↑ページTOPへ戻る

教育担当者お役立ちツール

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている    ウィンドウアイコン   AdobeR ReaderTMプラグインが必要です。

↑ページTOPへ戻る


企業内研修「売上 前年対比138%アップを実現 」についてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。
 第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 教育部 作間・畠山
TEL 03-3293-0041

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ コンサルティング局