【商品発送開始!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

企業内研修トップ > 企業内研修プログラム > 確実に売れる101の営業基本

確実に売れる101の営業基本

  • 磐石な営業の基礎力をしっかりと磨き上げたい
    若手営業職(新入社員〜5年目程度レベル)の方
  • 『安定した売上を築く』営業マンに育て上げるために必要な、
    営業の基礎的な力をしっかりとモノにさせます。
  • 西野 浩輝(にしの ひろき)
    マーキュリッチ(有)代表取締役 営業の基本実践指導No.1講師

お問合せはこちら    お客様の声

指導講師プロフィール研修のねらいカリキュラム導入の流れ教育担当者お役立ちツール

お問い合せ


指導講師プロフィール

石川 一芳写真

西野 浩輝(にしの ひろき)

マーキュリッチ(有)代表取締役 営業の基本実践指導No.1講師

あたり前に実行すべきことを丁寧に一つ一つ実践し、法人向け教育プログラムの営業でMVP賞を含む数々の営業賞を受賞。 その後、世界最大の教育コンサル会社に5年在籍中、4年間トップ営業獲得。 独立後は、大手・中小ベンチャー企業の営業指導を手掛ける。 自ら実践してきた基本を101項目にまとめた著書「あたり前だけどなかなかできない営業のルール」は、発売後たった半年で3万部を超えるベストセラー。

↑ページTOPへ戻る

研修プログラムの「ねらい」

3つのねらい

営業マンが年を追うごとに成長している会社は必ず、新人・若手の段階で「営業の基本特訓」をしっかり教育しています。 なぜなら、営業マン育成を先輩とのOJTだけに任せていては、良い手法も悪い手法も吸収してしまい、いつまで経っても伸び悩むからです。 今回、これさえ出来れば確実に売れる「営業の基本」を講師の西野浩輝氏に自身のトップ営業マン経験から、101項目にまとめ、実習中心で指導いたします。 当たり前のことを、キッチリ手抜きなく実行する営業マンほど、お客様から信頼され、安定した売上を稼ぎます。 新人・若手営業マンのご派遣をお薦め申し上げます。

↑ページTOPへ戻る

お問い合せ

研修カリキュラム詳細

人数 20名〜50名
期間 1日
会場 御社会議室、または最寄りの貸し会議室等。
(ご希望の場合、会場手配をお手伝いさせていただきます。)
指導講師 西野 浩輝(にしの ひろき)マーキュリッチ(有)代表取締役
営業の基本実践指導No.1講師
主な研修内容

売れ続ける営業マンの心構え“売れる人間関係”を築く第一歩

右矢印約束を守れる 右矢印何があっても言い訳しない 右矢印対応が早い 右矢印凡事徹底 右矢印明るく、元気で、礼儀正しい 右矢印ライバル他社」「社内の人間」の悪口を言わない 右矢印訪問の目的をキチンと掴み、お客様の時間を大切に行動する

破線

営業マンが知らない「お客様のホンネ」 なぜこの営業マンから買ってしまうのか?

右矢印「自社の利益」と「お客様の利益」どちらが優先? 右矢印不信感を生む「アイマイな言葉」とは 右矢印訪問の度ごとに、何かしらお土産(情報・モノ)を持参し、話をジックリ聞いて帰る 右矢印来社、帰社の際には、いつも丁寧にお辞儀をしていく 右矢印時間に厳しい 右矢印口数は少ないが、真面目でウソをつかない 右矢印質問が上手く、何でも話してしまう

破線

マメな「報告・連絡・相談」のやり方

右矢印5W2Hで結論を先に言う 右矢印悪い報告こそ最優先 右矢印新任3ヶ月は自分で勝手に判断しない 右矢印途中経過報告で安心感を与える方法

破線

プロなら商品知識があってあたり前

右矢印自社、他社、お客様」全て商品知識と心得よ 右矢印訪問先の商品知識もキッチリ掴め 右矢印デメリットも伝える 右矢印お客様が欲しい情報の見つけ方

破線

できないことは「No」とキチンと言う

右矢印無理にとった契約は長続きしない 右矢印正直に言うことで、信頼がアップする 右矢印自分と自社の守備範囲を知る

破線

親しくなっても決して「慣れない」

右矢印訪問回数、受注数が増えるほど丁寧に接する  右矢印社長・キーマンには必ずアイサツする 右矢印メシ、酒の席での注意点

破線

礼状・電話・FAX・ハガキ・eメール…の注意点

右矢印状況別の使い分け事例 右矢印お客様の記憶に残る「マーキング」 右矢印記録に残す用件と印象づけの使い方

破線

信頼を与える「営業スケジュールのたて方」仕事を上手に進める段取り術

右矢印「朝一番の仕事力」を活用するコツ 右矢印朝9時には出発できる体制づくり 右矢印訪問スケジュールは「一週間」と「一日」で立てる 右矢印「社内時間・移動時間」の減らし方 右矢印「明日の行動計画」と「今日一日の行動反省」に10%の時間を使う 右矢印雑務と訪問の割合

photo

売る情熱のつけ方 会社と自社商品に誇りを持った営業マンになれ

右矢印たった一回の訪問で諦めるな! 右矢印“あと一歩の粘り強さ”を身につける方法 右矢印トップ営業マンは“断られた回数”が一番多い 右矢印マイナス思考こそ、危機感を生み出す原動力 右矢印自社の強味・商品の魅力を徹底して考える

破線

紹介につなげるアフターフォローのやり方 売った後からが本当の勝負

右矢印一回買って頂くことは、出入りが許可されること 右矢印クレーム時の行動基本 右矢印フォローから再注文、紹介をいただくコツ 右矢印固定客を自社の宣伝マンにする方法

          

↑ページTOPへ戻る

研修導入までの流れ

研修導入までの流れ

↑ページTOPへ戻る

教育担当者お役立ちツール

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている    ウィンドウアイコン   AdobeR ReaderTMプラグインが必要です。

↑ページTOPへ戻る


企業内研修「確実に売れる101の営業基本」についてのお問い合わせ

必要事項にご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
※全て入力必須です。


ご担当者名(必須)  例) 経営 太郎
会社名・団体名(必須)  例) 日本経営合理化協会
郵便番号(必須)  例) 101-0047
都道府県(必須)  ※プルダウンからお選びください。
市区郡町村・
番地・ビル名(必須)

例) 東京都千代田区内神田一丁目3番3号
電話番号(必須)  例) 03-3293-0041
Eメールアドレス(必須)  例) keiei_tarou@jmca.co.jp
お問い合わせ内容
 
【お問い合わせについてのご注意】
・お預かりいたしました「個人情報」につきましては、本[お問合せ]の対応及び、弊会活動のご案内のみに、使用させて頂きます。
 第三者への譲渡・販売は一切いたしません。
・ご記入いただきましたお申込み情報は、社員研修又は講師派遣を適切かつ円滑に運営するために利用します。
・又、その他のお問い合わせにつきましては、下記までご連絡ください。

日本経営合理化協会 教育部 作間・畠山
TEL 03-3293-0041

日本経営合理化協会TOP 事業繁栄のための経営セミナー 社長のための実務書 社員育成DVD・ビデオ コンサルティング局